国民年金のオバサマ

連休なのでダラダラお昼近くまで寝ていたら、ピンポーン!と玄関のチャイムが鳴った。インターホンで対応すると、上品なオバサマの声で「(いりこの本名フルネーム)さんのお宅ですか?」と。どうも国民年金の関係者らしい。何か渡されたりするのかな?と思って玄関を開けて対応した。

「4月から国民年金の方、払っていただいてますよね。どうもありがとうございます。それで、ひょっとしてご存知ないかと思うのですが…。いりこさんは3月15日に会社をお辞めになってますよね。それで、3月15日分までは社会保険でお支払いなさってると思うんですけど、それ以降の3月分はご自分で納入しないといけないんですよ。もし、これからまた別の会社に就職なさって社会保険でお支払いになるなら問題はございませんが…。それで、ひょっとして3月分も支払わなきゃならないってことをご存じなかったんだったら…。」
「(なげーよ、まだ話すのかよ)うちに届いた通知書にしたがって払っただけなんですけど」
「あら、そうでしたか。通知書が届いてませんでした?」
「はい」
「えっと、金融機関で自動引き落としとかにする予定はありますか?」
「いいえ」
「それでしたら、通知書を送ってもよろしいでしょうか?」
「お願いします」

と、それでやりとりは終了だった。

オバサマが去ってから、ダーリンに
「3月分の年金を払わなきゃいけないのを知らないわけないじゃんね!失礼だわー。通知書送ってきてないんだから、向こうのミスじゃん。しかも電話で済むようなことをわざわざたずねてくるなんて、大変だよねー。…はっ!ひょっとして、自動引き落としにするとか言ってたら、騙されたりしたのかな?!年金のところに電話とかしたほうがいいかな?」
と話したら、ダーリンは
「いいんじゃない?その通知書が届けばわかることでしょ」
といたってクール。さすがダーリン。

でももし3月分も払っているのにまた払うなんていうことになったら嫌なので、もう一度通知書の束を見てみたら…。3月分が…。

4-10月分を一度に払う一括納入用の通知書の前に閉じてあったから、てっきり関係ないと思っていたその通知書が、3月分でした。一括納入用の後ろに閉じてある4月分以降はきっちり毎月払っているのに…。

ああ、オバサマ、ごめんなさい。私はウソをつきました。でもあの時は本気だったのよ。だからこそオバサマも騙されたんだよね。ごめんなさい。お詫びに、新しく届くはずの通知書で支払います。よろしくお願いします。

スロット

mb_1013184915根性ナシ(ダーリン)とスロットに来ています。
写真は休憩所からの景色。
私は30分だけ待つという約束です。
もし出たら私は根性ナシを置いて帰ります。
出なかったら、強制退場かな。

イス

18806お風呂用のイスを購入しました。
シャワーヘッドを変えてから、
水の出る角度が変わってしまって
今まで不便だったのです。
約4ヶ月、よく我慢しました。
これからヨロシク。