魔法の言葉

最近、スロットで負け続けだったダーリン。でも昨日は勝ってきました(もちろん、会社帰りに寄っただけ)。超ホクホクで嬉しそう。それもこれも私のおかげだということを理解していただきたい。

正直、私は、休日に朝から晩までパチンコ店に入り浸っているダーリンを快く思えないので、ダーリンがスロットに出かけるたびに「行っても出ないよ。負けるよ」と声をかけていたのだ。それでも苦笑いしながら出かけていくのだけど、やっぱりその日は出ないのだ。

これはやはり私が呪いの言葉をかけたせいではないだろうか。彼女が嫌がっているのにスロットに行ってしまった罪悪感とか、そういうのが影響しているのかもしれない。いわゆる「言霊」ってやつ。

ダーリンがスロットに行ってしまって放置されるのは寂しいけれど、どうせ行ってしまうのならば勝って帰ってきてくれれば結果的にはハッピーだ。

そう心を入れ替えて、昨日は「今日は出るよ!行ってらっしゃい!」と声をかけてみた。するとダーリンは「いりこちゃんがそう言ってくれると嬉しいよ。だって、いつもいりこちゃんが言った通りになるんだもん」と嬉しそうに言った。

そしたらどうよ。出ちゃったよ。私ってすごくない?これからはダーリンがスロット行くときは気分良く送り出してあげないとね。

そりゃ私も気分の上下があるので、毎回というわけにはいかないけど…。