万物は流転しているのだ

家から駅まで徒歩で約20分。大体毎日テレテレ歩いて買い物に行く。駅前まで行かないと、近所にはスーパーがないからだ。

歩いてる最中はものすごく暇なのでいろんなことを考える。そして、「おっ!これを日記に書こう!」と頭の中で文章も作る。そういう時はまるで自分の書いた文章を黙読しているかのごとくすらすらと文章が思い浮かぶ。

なのに、家に着いてパソコンを立ち上げてエディタを開いている間に、ぜーんぶ忘れてしまっているのだ。家に帰り着いた時はこりゃ傑作だ!なんて思いながらムフフな気分なのに、いざ書くぞ、という時になったらパソコンの前でボーゼン。

何日か経って思い出すときもあるけど、そのときはもう考えが変わっていたりするのだ。昨日の私は今日の私とはもう別人。そういう時は、「あの時このネタを書かなくて良かったなぁ」などと思うのである。

どうしても書きたいネタは忘れないし、書かなくてもいいネタは忘れてしまうのだ。そういうふうになっているのだ。きっと私の中の神様が「考えが変わるから書かないように」と忘れさせてくれているのだ。今日もネタを忘れてしまったことを悔やまないですむように自分に言い聞かせる。

なすときのことベーコンのしょうゆバター

19915今日のお昼はパスタ♪
にんにくの匂いが食欲をそそるぅ~。

カフェモカ

mb_1107150606ドトールではココアに心変わりしたはずなのに、
やはりカフェモカに戻ってしまった。
味は同じような気もするけど…。

キムチ鍋

19928ブタ祭りは続きます。