マンガの収納アレコレ

部屋の中がマンガだらけで収拾がつかなくなってきたので、禁断のベッド下を収納に使うことに決定。何故ベッド下が禁断なのかというと、低くてコミックスが入らないから。

しかし、我が家のベッドは高さが調節できるタイプなので、約3年低いまま使っていたベッドの高さを上げることにしたのだ。

本当は低いベッドの方が好き。好きなの。でも仕方ない。部屋中にマンガ本が散らばっているこの状況も我慢できん。そういうわけで、ベッド下に収納ケースを入れる決心をした。

そうと決まれば収納ケースを探さねばならない。コミックスがちょうど立てて入れられるような収納ケースを探すのだ。

すでにお気づきの方もいらっしゃると思うが、本を寝かせれば低いベッド下にも入る。余裕である。でもそうしない。私は本は立てて収納したい。しかも背表紙が前に来て欲しい。上を向いていてはいけない。本が曲がってしまうからである。そのことを考えても、やはり寝かせた方がいいと思う人もいるかもしれない。でも寝かせたら、取り出しにくい。収納には、個人的などうでもいいこだわりがあるのだ。

上記のことをふまえて、ダーリンにもこだわりがあった。収納ケースは引き出しタイプがいい。フタをするタイプだと取り出しにくい。

……。

ドンキホーテ(大手ディスカウントショップ)を2件めぐって、理想の収納ケースに出会った。奥行き74センチとかなり大きいのを3つ。もちろん配送してもらうことにした。その横で、フタ式の収納ケースを5個重ねて、えっちらおっちらとレジまで持っていく女の子2人を見てダーリンが、「フタ付きだとああやって重ねて持って帰れるね…」とつぶやいた。

でも部屋で使うことを考えると、やっぱり引き出し式がいい。ベッドの下から取り出して、さらにフタまで開けないといけないとなると、どうしてもめんどくさい。

そして我が家でまた問題がひとつ。

今まで使っていたマットレスの処分。ベッドを高くしたら、マットレスが邪魔でしょうがない。あってもいいけどベッドが高くなりすぎるのだ。ダーリンはたまにベッドから落ちるので、この高さから落ちると怪我するか、運が悪ければ死んでしまうかもしれない。やっぱり粗大ゴミでだすしかない。

収納ケース、配送料、粗大ゴミ…。いろいろとお金がかかります。

京樽

20756今夜はお弁当♪
なんだか贅沢気分。