友達100人できるかな?

♪いっちねんせー に なったーら
 いっちねんせー に なったーら
 とっもだっち ひゃっくにん でっきるっかなっ

という歌がある。
この後にはこう続く。

♪ひゃーくにーんで食べたいな
 富士山の上で おーにぎーりを
 パックン パックン パックンとー

この歌を聞いてダーリンが言い出した。

「友達100人ってことは、自分も入れて101人で食べたいな、と歌うべきじゃないの? そうじゃないと、誰かをハブ(仲間はずれ)にしてるってことになるよね?」

おお、確かにそのとおりだ。

「こういうこと言われたことない?」

ううん。初めて言われたよ。何も考えてなかったけど、確かにそうだねぇ。

約100人っていうことだとはわかっているけど、誰かをハブにしたのか、それとも自分を忘れているのかなどと思わず突っ込みたくなるのが大人ってもんなのでしょう。

大人ってかわいくない。

新しい家族

23198ダーリンが同僚のみなさんから戴いた入籍祝いの品。
パウダービーズのくま。
赤ちゃんくらいの大きさで、抱きしめ心地サイコー。
ベッドにかっこよく腰掛けているところを激写。
ぷーさんと命名。
これともうひとつルームライトを戴きました。
こっちは今の部屋では(狭くて)飾れないので
いずれ引っ越したらかっこよく飾る予定。
ほんとありがとうございます。
ワタクシ大喜びでございます。