おしゃれ魂

結婚写真を撮ってもらって以来、メイクに目覚めてしまった私。28歳にしてようやくおしゃれに興味を持つようになった。

といっても、今までまったく構っていなかったわけではない。手抜きしていただけだ。超薄化粧でほとんどスッピンだった。なぜかというと、メイクを頑張れば頑張るほどお水の人みたくケバ~くなってしまうからだった。

しかしそれは私の思い込みであったらしい。単にメイクが下手だったからケバくなっていただけなのだ。ケバメイクをすればケバくなるに決まっている。

フォトスタジオでやってもらったメイクを思い出しながら、下地もファンデーションもコンシーラーもたっぷり使って頑張ってみると、それなりにいい感じ。もちろん、結婚写真撮影時のメイクを再現できるわけではないが。

ここでまた私の敗因に気付く。貧乏性である。

もったいないからいつも化粧品はちょっとずつしか使っていなかった。これが超薄化粧の実態だ。そもそも安い化粧品を買っているのに、さらにそれを節約してどうする。

私はおしゃれに目覚めたのだ。といっても高い化粧品を買うつもりは毛頭ない(ここらへんはきっと遺伝)ので、安い化粧品で頑張る。

部屋と私は毎日磨くから、Yシャツは形状記憶シャツを使って欲しいと思う新妻であった(ダーリンは綿100%がお好き…)。