病院通い終了

一昨年の8月からずっと心療内科に通っている。なぜかというと会社イヤイヤ病だったから。診断書を書いてもらって会社を休職したのが一昨年の8月。そして休職したまま半年後に退職。健保から出る傷病手当金は毎月申請しないともらえないので、そのためにずーっと心療内科に通わなければならない。

それが今日、終了した。

体調も精神的にもすっかり良くなったのはもうずいぶん前。だけど傷病手当金は最大1年6ヶ月分もらえるので、そのために通いつづけていた。今までは無職だけど収入があったのでそれなりに生活できていたけど、とうとう、期限がやってきた。

私の収入がまったくなくなって、ダーリンのお給料だけでやりくりしなくちゃならないけど、それでも病院に通わなくてイイ! というのはかなりウレシイ。月に2回しか通ってなかったけど、家からちょっと遠い病院だったし、毎月の申請も面倒くさかったし。。。なんだか、やっとこさ会社の呪縛から解かれた気分。

いや実際には、ダーリンも同じ会社でこれからダーリンの扶養に入るからますますお世話になるわけだけど。それでもなんだか気分爽快ー!

申請書の提出も全然苦じゃない。これが最後だと思えばむしろウキウキ。これから節約生活が始まるけど、それもなんだか楽しくやっていけそう。

一昨年の私とは本当に別人だ。あの当時はそうは思ってなかったけど、やっぱりあの頃の私は病気だったんだなぁと実感中。

何度も書くけど、本当に肩の荷が下りた! 気分がいい!!

夜中にトイレから戻ってきて思うこと

夜中に尿意を感じて目が覚める。たいてい4時とか5時とか。夜中っていうより、早朝? 今はまだ寒いからしばらく布団から出られないけど、ほっておいても寝付けないので自分を奮い立たせてトイレへ。

そしてまた布団へもぐりこむ。掛け布団を持ち上げてもぞもぞと入ると、今まで私にそっぽ向いて寝ていたダーリンが、私の方に寝返りをうって擦り寄ってくる。んもー、まだ布団に入りきってないから邪魔だよう、なんて思いつつ、なんだか胸がときめいちゃう。こっそりイイコイイコしたりしている。

しばらくすると、寝づらいのかまたそっぽ向いてグーグー寝ちゃうんだけど、それはまたそれで面白いなぁ~って感じ。あとでダーリンに聞いても覚えてないらしい。

二人で一緒におやすみなさ~いで布団に入ったときは、別にダーリンの寝顔にときめいたりなんかしない。むしろ、私より先に寝息をたてられたら「私はまだ寝付けないのに!」とムッとしたりする。そういうときは寝顔もなんだか憎らしい。

ところが夜中にトイレに行って戻ってくると、なぜかグースカ寝ているダーリンが愛しい。これは一体どういう効果なのかしら?

トイレで用を足して満足したから? これからまた寝られる~という二度寝気分を味わえるから? ちょっと体が冷えたからダーリンが擦り寄ってくると温かいから?

なんて考えながら再び眠りにつくのでした。

デジカメプリントをネットで注文!

我が家のメインのカメラはデジカメ。撮ったらパソコンに取り込んで溜め込む。それで十分だと思っていたけど、前にOSのバージョンアップに失敗してデータを消しちゃって結構な大打撃を受けた。

そういうわけで、ある程度溜まったら現像しちゃおう、とダーリンが提案して、私が注文することになった。

とりあえず調べてみたら339枚も注文する羽目に。なんせ約2年分である。二人の歴史が詰まっている。おかしいなぁ。そんなに写真好きなカップルじゃないんだけどなー。そこはやっぱりデジカメだから、無駄な写真もいっぱい。部屋の中で寝間着のまま変な顔して写ってるやつとか。

でもそういうのも、改めて見ると消すのはもったいないような気がして、とりあえずじゃんじゃん注文。送料も消費税も入れて総額10,387円。うわー。高いー。でも今までコマゴマ頼んでたとしても、総額これくらいかかってたと思えばそうでもないのかも。

そんで注文したのが1週間前。本日、現像されたブツが届いた。

わくわくしながら開封すると、時系列めちゃくちゃ。一体またなんでこんなことに?? というくらいシャッフルされていたので、パソコンのデータと比べながら時系列に沿って並べなおした。自分でも大体わかっているのでそんなに大変じゃなかったけど、今度はこれをアルバムに収納するのかぁ。

……それはまた明日やることにしよう。

おいしい菜

25506福岡産の「な花」という青菜が安かったので、
豚肉と炒めてみました。
味はチンゲン菜と同じ感じかな?
今夜はダーリンが遅いので、一人でご飯。
水菜のサラダと肉炒めだけ~。

お肌の悩みと前向きに向き合うのだ

女性なら、なにかしらのお肌の悩みがあるはずだ。私の場合はいつの頃からか出来てしまっていたほっぺのシミ。そばかすから発展したものだと思われる。

まだそれがそばかすだった頃には全然気にしていなかった。それがいけなかったらしい。母親に言われるまでそれがシミであることにすら気付いていなかった。

それでもファンデーションを塗れば目立たなくなるので、20代前半の頃もそんなに気にしていなかった。

気になりだしたのは25を過ぎた頃から。美白が流行りだしたからである。

ハイチオールCを飲んでみたりしたけど、あんまり効果は現れなかった。もともとが貧乏性なので、いろいろな薬を試す気にはならず、美白化粧品もやたら高いので試さずじまいだ。美白化粧品のほとんどが「シミを防ぐ」とか「夏にできたシミを薄くする」といった感じで、私みたいに年季の入ったシミに効き目があるように思えない、というのも試さなかった理由の一つだ。

私の場合、お肌の悩みはシミだけだ。肌荒れやらニキビやらには縁がない。もし荒れたりしても、すぐに治ってしまうのだ。そう考えると私はとてもラッキーだ。肌荒れで悩んでいる人に比べたら、私の悩みなんて無いに等しいんではないか。

それに気付いてからは心が軽い。要は、他人と会うときにシミが目立たなければいいのだ。それなら化粧で隠せばいい。どうせシミのない肌を手に入れたところで、外出するときには化粧するのだから。

そういうわけで最近注目しているのがコンシーラー。薬や基礎化粧品だと、続けてみないことには効果のほどがわからないけど、コンシーラーは1回使えばどれくらいのカバー力があるのかわかる。安い化粧品でも肌荒れしないから、いろんなコンシーラーを試してみる。時間があるときなんか、コンシーラーの上からコンシーラーを塗る。

テレビに映る肌のきれいな女優さんと自分を比べても仕方がない。シミが消せないのなら、隠す方向で前向きに頑張るのだ。

正直、今のところ、どんなコンシーラーを使ってもシミは隠し切れてない。それでもまだまだいろいろ試すのだ。肌荒れしない程度にね。

新ポテチ

25548抹茶塩と桜塩。
期間限定らしいっすよ。
こういうのに目がないのです。
まぁ、食べられないほどまずいってことはないでしょ。

プチ旅行開始

ダーリン、いりこ両家の家族でお食事をする機会が訪れました。同棲し始めるときにそれぞれの親に会ってはいたんだけど、入籍までしておきながら親同士を会わせたことはなかった。なぜかというと、ダーリンの実家は千葉、私の実家は長崎と、距離がありすぎるから。

それぞれ仕事の都合もあるし、GWあたりにうちの両親に上京してもらうか? と考えていたところ、ダーリンのパパが九州に出向いてくれるという話が。しかも千葉から車で長崎まで行くという。

車なら動きやすいので私の実家まで来てもらって、近所の割烹料理のお座敷を予約することにした。

私とダーリンはプチ旅行でも楽しむか、ということで、ホテル一泊つきの飛行機チケット(普通の往復よりも安くつく。なぜだ)を取って博多のホテルに一泊することにした。

実際にお食事をするのは明日(土曜)の夜なので、前日の今日はまず飛行機で博多へ。博多で一泊してから高速バスで長崎の実家に向かうのだ。ダーリンも私も博多の屋台に行くのを楽しみに、ウキウキで東京を出た。

東京はすごく晴れてたのに、九州はなんだかどんより。小雨もパラパラ降りだして、屋台に行くのはちょっと難しいかも…なんていう雰囲気。なんでも、前日から雪が降ったりしていて、九州はとても寒いのだそう。天気がよければホテルから屋台まで歩ける距離なのに…。

とりあえず北九州にいる友達に結婚写真を見せる約束をしていたので、博多駅まで来てもらって、駅ビルのレストランでお食事。お互いの近況報告やらでダーリンそっちのけで楽しくおしゃべり。久しぶりだったので、もーすんごく楽しかった!

そして友達と別れてホテルに戻った。ご飯食べた直後なのですぐに屋台でラーメンは無理だよね、としばらくゆっくり。そして窓の外を見ると、土砂降り。

もうこんだけ降ってたら屋台どころじゃないよね、と、楽しみにしていた屋台行きは中止。もし友達と会う約束をしていなかったら、なんのために博多に泊まったのか…なんて思うところだった。ホント残念。

とうとう明日は両家でお食事。ちょっと緊張しちゃったりして。

雨の博多

25612今日は博多に来ています。
ダーリンとホテルにお泊まり。
屋台に行くのを楽しみにしてたのに、
雨が降り出しました…。
あぁ残念…。
写真は羽田空港で買ったケーキ。
ホテルでおやつ。

> いりっぺさん
感想ありがとうございます♪
「いりこ」は私のHNです。
煮干しのいりこからつけたHNなんです。
本名とは全く関係ないんですよ。

両家揃ってお食事

とりあえず、つつがなく、何事も問題は起こらず、普通に和気あいあいと終了しました。日記のネタになるようなことも何もなく…。

まぁ、こんなもんだよね。

私の父からダーリンのパパへ、「ふつつかな娘ですが、よろしくお願いします」なんてセリフが出たときは、おお、それっぽい! なんて思ったりして。結構余裕があったらしい私。

ブレックファスト

25622ホテルの朝食。
ここ最近、九州は寒いみたいです。
今朝は晴れてたので喜んでたら、
ご飯食べてる最中に雪が降り出しました。
昨日も雨がすごい降ってたし。
って書いてたらまた晴れてきた。
すごい変な天気!

そういえば、挨拶してないね

九州から無事帰ってきた。両家の挨拶も済んだし(順番がちょっと狂ったけど)、特に今のところは結婚の手続き関係でなにか問題とかないよね、なんて話していたら、ダーリンは入籍の前後から気になっていることがあるという。

それは、ダーリンから私の両親に、形式ばった挨拶をしてないこと。例えば、スーツ着て「お嬢さんをください!」とか、そういうの。

入籍する前にちゃんと挨拶してないし、なあなあでここまで来てしまっていることが気になっているらしい。

私の両親は、私が無事に結婚して息子が増えたと喜んでいるので、実家に行けば「もう家族なんだからゆっくりしてちょうだい」てな雰囲気なのだ。そのせいもあって、いわゆる「ちゃんとした挨拶」をする隙がないというか、なんか言い出しにくい、そんな感じ。

そういえば、私もミツユビついて
「今まで育ててくれてありがとうございます。私は今日からお嫁に行きます(涙)」
てな挨拶をしてないなぁ。

でもなんかそういう改まったのって照れくさいしぃ。やってみたいような、やりたくないような…。

ダーリンもそんな感じらしく、やんなきゃいけないなぁと気にはなっているものの、言い出す雰囲気じゃないしなぁと自分に言い訳してる状態らしい。

そんなこと、東京に戻ってきてから思い出してもどうしようもないのだけど、実際に私の実家にいる間は忘れてしまうらしい。

なんだか、そういう感じでこのまま挨拶しないで時間が経っていくのかも。いいのかなぁ。よくないのかなぁ。

「主人に相談してみないと…」

月末の引越しに向けて、引越し業者に見積もりを頼んだ。といっても、ネットで複数の業者に一斉に申し込んで、メール連絡だけもらうようなやつ。それから比較検討しようかなーと思っていた。

そしたら1社だけ、すぐに電話連絡がきた。電話連絡不要っていう項目にチェック入れていたのに…。ぶーぶー。

とりあえず、荷物が多いっぽいので実際に現在の部屋を見てから見積もりを出したいということだった。まぁ、見積もりは無料だし、正確な料金が出るだろうからちょっくら頼んでみるかーということで、本日、来てもらうことになった。

もともとの引越し予定日は3月28日の日曜日。なんとその日は定価プラス5万円らしい。しかも、その前日の土曜日はプラス10万円だという。今は引越しシーズンなので、どうしても高くなってしまうということだった。

というわけで、割増料金のつかない21日の日曜で、時間指定もなし、という前提で見積もってもらったら、定価は92,660円。うきゃー、そんなにかかりますか。

引越し業者に見積もりを依頼する前に、あらかじめ二人で料金について話し合っていたのだけど、そのときの私たちのボーダーラインは3万円。もしそれを超えるようならレンタカー借りて自分たちでやろっかぁ、と話していた。

さすがに予算オーバーしすぎだけど、3万円にまかりませんか? なんて言いだすのは気が引ける…。とりあえず「できれば5万円以下に抑えたいんですけど…」と言ってみた。

そしたら、もし今ここで即決するなら、45,000円プラス消費税にまでは値引きできるという。

あらら。随分あっさり安くなっちゃった。じゃあ、値引きされた分の料金は一体何の料金なのか。何がそんなに高くついているのだ。

それでも私一人で決めるわけに行かないので、待望の「主人と相談してみないと…。即決はできないですぅ」というセリフを言ってみた。きゃ。

そして仕事中のダーリンに電話して相談したけど、ダーリンはそれでも高いという。確かに。そもそも3万円以上は出す気はないんだし。実際、他の業者からの見積もり結果メールを見ても15万だとか19万だとか書かれているので、ダーリンの気持ちは「自分でやる」方にかなり傾いていた。

「『3万を切るんだったら頼んでもいい』って主人が言ってます」と営業さんに伝えると、さすがにギョッとされた。それでも会社に電話して交渉してくれて、35,000円プラス消費税、というところまで値下げしてくれた。

ここまでやってくれるとなかなか断りにくいなぁ、ってなわけで、もう一度ダーリンに電話したら、「自分でやるって言い出したってことにしなよ」と背中を押してもらった。

うー。断るのってパワー要るのよね。でもでも、私には「だって主人がそう言うんですぅ」という伝家の宝刀がある。これさえあれば百人力。独身で一人暮らしの女とはもう違うのだ!!

「レンタカーもこの時期、トラックとか借りられないですよ」

と営業さんに言われても、

「やっぱり自分でやるって人もたくさんいるんですよねぇ。シーズンですものねぇ」

と余裕で切り返し。

「レンタカーで自分でやったとしても、ガソリン代やらダンボールの準備やらで、なんだかんだと3万円以上かかっちゃいますよ」

と言われても、

「そうかもしれませんねぇ。でも主人が…」

ああ、気持ちに余裕があるって素晴らしい。

そもそもこの見積もりも冷やかしで頼んだようなもんなので、即決する予定はないのだ。即決しないと安くはならないけど、もう自分たちでやるからいいもんね。なんといってもダーリンがやる気になってるし。

しぶしぶ引き下がる営業さんに「せっかく来ていただいたのにすみませんねー」なんて社交辞令を言い放ち、今日のミッション終了。

独身貴族もいいけど、こういう場合はやっぱり結婚してるっていいよなー。なんて思ったりしたのでした。

わーお

25769ビデオ録画のお礼にと、
友達とその娘さんからもらっちゃいました!
わちふぃーるどの巾着とストラップ!
か、か、かわいい~!
好きなんです。
大したことしてないのに、いいのかしら?
どうもありがとう!

> たゆさん
魚介類で音の響きのかわいいのを選んだんです。
学生時代は文芸部で「ししゃも」と名乗ってました(笑)

深夜の電話

夜中の1時半ごろ、私のPHSの着信音が鳴った。寝ていたのでちょっと反応が遅れたけど、のそのそと起き上がって電話を取ろうとしたら切れた。

着信履歴には電話帳登録されていない番号が残っていた。携帯番号だった。ワン切りではないみたいだったのでかけなおしてみた。呼び出し音は鳴っているのに誰も出ないので、とりあえず切って寝なおそうとしたら、またかかってきた。

うもー。なんじゃらほい。と、不機嫌な気持ちで電話に出た。相手が誰だかわからないのでぶっきらぼうに「もしもし?」とだけ言った。そしたら相手も「もしもし」…。

誰やねん。と不審に思って黙っていたら、「○○です…」と聞き覚えのある名前を名乗ってきた。

思い出したよ。まだ私が社会人1年生だった頃に合コンで知り合った彼ね! といっても、以前の日記に登場した彼とはまた違う人だ。

今回電話をかけてきた彼は、私の何が好みだったのか知らないが、初めてのデートのときに猛烈アタックしてきたのだ。私もその頃は彼氏がいなかったので思わせぶりな態度を取ったりしたのだけど、結局お付き合いすることはなかった。

この彼もまた、不可解なのである。

忘れた頃に電話がかかってくるのだけど、なぜかいつも深夜。そして酔っ払っているのだ。彼氏がいると伝えれば、彼氏がいるのに夜中に男からかかってきた電話に出ちゃダメ、なんて説教してくる。そして自分は彼女ができたと報告もするのだ。

ここしばらく電話はかかってきてなかったけど、携帯のメールアドレス変更の連絡だけはマメに来ていた。でも本当にそれだけの内容だし、電話ももうすることないだろうなーとメモリから消してしまっていたのだ。

で、今回の電話もなんでかけてきたのかよくわからない。

「ひょっとして結婚なんてしちゃった?」と聞かれたので、正直に「したよー」と答えたら、残念そうな雰囲気。かと思えば、自分もそろそろ考えているという。挙式やら披露宴やら、全部海外でやりたいと思っているそうだ。

だからどうした。

昔好きだった人のことをふと思い出して電話をかけてみたくなる気持ちはわかるのだけど、電話をかけてこられる立場からすると、どう対応したらいいのかわからない。もしこれで私も彼のことが忘れられなくて、ひそかに電話を待っていたんだとしたら、こんなに嬉しいことはないだろう。

でも違うからどうしたらいいのかわからないんだよねー。「今でも好きです」なんて言われればバッサリ「迷惑です」と切り捨てることもできるのだけど、そうではない。

あいにく、私は男友達と電話でおしゃべりする習慣がない。でも世の中には、同性異性関係なく、電話でおしゃべりする人たちもいるだろうから、そういう感覚なのかな。

私は男兄弟がいないせいか、異性の友達を同性の友達と同じ感覚で見ることができない。無意識のうちに恋愛の対象になるかそうでないかを判断しているような気がする。恋愛の対象になりそうな人とだったら、電話でおしゃべりも苦じゃない(むしろ楽しい?)けれど、そうじゃない人とは電話でおしゃべりしたいだなどと夢にも思わない。

でも、同性異性関係なく友達付き合いをする人からすると、私みたいなのは理解不能なんだろうな。

まー、別に差し迫って困ることはないから、電話くらいいいんだけど別に。ただ私のテンションは低いし、かけてきた相手も楽しくないだろうけど…。あえて言うなら、なんでいつも深夜にかけてくるのさ。そのことは迷惑だぞ。まったくもう。

レンタカーの予約完了

月末の引越しに向けて、レンタカーで2トントラックを借りることにした。雨が降ったら困るので、できれば箱型のヤツがよかったんだけど、あいにく空きがないということで、荷台に屋根のないやつを借りることにした。

ネットで予約したんだけど、電話で確認して「雨が心配」と言ったら、オプションで幌をつけましょうか? と言われた。もちろん、オプション料金はかかるけど。

私は実は「幌」というものが一体何のことなのかわからなかったのだ。

「フォロー?」みたいな感じで聞き返したら、一生懸命説明してくれた。

荷台に骨組みを作って、そこにビニールシートをかぶせたようなもの。一応、密室を作ることができるから雨が降っても大丈夫。

な、な、なるほどー! 緑色のアレね! いいじゃん、それー! 箱型のトラックよりも安くつくし。

というわけでダーリンに確認もせずにオプションつけてもらって予約完了。

それから意気揚揚とダーリンに報告したら、「雨のときにはつけてくれるってこと?」と聞かれた。

むむ。その確認は忘れてしまった。確かに晴れていたら屋根は必要ない。。。

「どうしようか。もう一回電話した方がいい?」

「いや、丸裸よりも幌をつけといた方がいいよね」

というわけで、ワタクシの今日のミッション終了。料金もオプション合わせて15,000円くらいでいい感じ。うーん。ちょっとずつだけど確実に進んでるって感じがするなー。わくわく。

ランチ

25853お昼どきです。
ドトールむちゃ混みだったけど、
ファーストキッチン空いてるよ。
というわけでチキン竜田サンドセット。
いつもこればっか頼んじゃうなー。

> ばりーぼーるさん
「いりこ」は発音が違えば普通に女性の名前ですもんね。
「ししゃも」はそれ以外にないですからねー(笑)

何気ない日常の一コマ(体毛編)

お風呂で今日はワキ毛を剃るぞーと思いながら体を洗うのに、お風呂上りにタオルでワキを拭くときに剃り忘れたことに気付く。

ということをもう1週間くらい繰り返している。

そして今日やっと剃った。剃りごたえがあった(恥)。

テレビのチャンネルに執着しますか?

ここのところ毎週のように、土曜の朝9時半からアニメを見ている。私が『王様のブランチ』にチャンネルを合わせていても、なぜかダーリンがチャンネルを変えてしまうのだ。

それは何のアニメかというと、『カレイドスター』という番組だ。キダムみたいなエンターテインメント集団の話で、かわいい女の子たちがスター目指して血のにじむような特訓を繰り広げているのだ。

ダーリンに「このアニメが好きなの?」と聞いてみても、「別に…」と答える。

でも、もともとアニメは好きらしい。アニメならなんでもいいらしいのだ。子供向けだろうがオタク向けだろうが、チャンネルを変えていてアニメが目に止まると、とりあえず見てしまうらしい。

それではなぜ、私が『王様のブランチ』にチャンネルを合わせているのにプチプチとチャンネルを変えてしまうのかというと、単純にダーリンが『王様のブランチ』を観たい気分じゃないから。

私がテレビ番組に対して執着がないからいいようなものの、こういう「勝手にテレビのチャンネルを変える夫」というのは、相手が悪ければ離婚問題にまで発展するのですよ。少なくともうちの妹はキレます(いやそれで本当に離婚するかどうかは知らんが)。

ダーリン自身もテレビ番組に執着しないので、『カレイドスター』が何曜日の何時からなのかとか覚えているわけではない。チャンネルサーフィンしてたらアニメがあってたから見ちゃった、くらいの気持ちなのだ。

だからきっと私が「『王様のブランチ』見せろ!」と怒れば素直に見せてくれるはずで、どっちみち私たちは離婚問題には発展しないと思うのだけど。

運良く(?)私もアニメは好き(多分ダーリン以上と思われる)だし、どうしても『王様のブランチ』が観たい! てわけじゃないから問題にならないけどね。でもせめて、「チャンネル変えてイイ?」って聞いてほしいなあと思う今日この頃。

でも『カレイドスター』が面白いので、つい指摘し忘れてしまうのだった。

角煮まん

25941長崎名物・角煮まん♪
朝からこれはちょっと重いかなーと思ったけど、
ふわふわ柔らかくて食べやすい~。
何個でもいけそう♪
んまー!

今年の課題:その場の空気を読む

新居の契約、完了しました。不動産屋さんに初期費用ぜーんぶ払ってホッと一安心。あとは引越し関係と車の手続きだ~~。

で、不動産屋さんの店内で、ふとしたことからちょっとダーリンと口論してしまった。何が原因かというと、私はダーリンの次の休日出勤は土曜だと思っていたのに、ダーリンが日曜だと言い出したからだ。私は「土曜って聞いた」と言い張り、ダーリンは「日曜だと言った」と…。

その場で口論になったとはいえ、一瞬だけの出来事だったし私自身は怒っていたわけではない。腑に落ちない…とは思っていたけど、その場がお店の中だったので「騙されたー」と流したつもりだった。

すでに契約の手続きも終了していてあとはお店を出るだけだったけど、ダーリンがコーヒーを飲んでいたのでもうちょっとゆっくりしよーと思っていたら、ダーリンがそそくさと店を出ようとする。

「もうちょっとゆっくりしたいよ」と言ったけどダーリンが不機嫌そうだったので仕方なくお店を出た。

「なんでそんなに怒ってるのさー」と訴えると、「お店の人がすごく気まずそうにしてたよ。あんな雰囲気で長居できるわけないでしょ」とたしなめられた。

な、なんですと? 私はそんなの全然気付かなかったよ?! 第一なにが気まずいの?

ダーリンが言うには、他人から見たら私たちは険悪な雰囲気を醸し出していたらしい。ダーリンは不機嫌だったのではなく、居心地が悪かっただけなのだ。

しかも最近の私は突っ込みが厳しいらしい。そう指摘されて反省。

もともと私はツッコミ系なので、ダーリンが優しいから調子に乗ってしまっていたのだな。その上、その場の空気も読めなかったなんて恥ずかしい。

できることならお店に戻って「今のは喧嘩じゃないですよ! 私は全然怒ってないし、二人はいつも仲良しラブラブですよ!」と言い訳したいところだけど、そんなことできるわけもなく。

本当にそんな言い訳したところで、余計にアヤシサ倍増だ。

それにしても、場の空気が読めなかったことが恥ずかしい。恥ずかしいよー。これからは気をつけなくちゃー。

漢方の効き目は?

前にもらった漢方薬がきれたので耳鼻科に行ってきた。

お医者さんから「漢方の効き目はどうですか?」と聞かれた。

正直言ってよくわからない。スパッと症状が緩和されたわけではないけど、例年よりは軽い気がする。でも今年はそもそも花粉の量が少ないって言われているし、症状が軽いのはそのせいかもしれない…。

と伝えると、「そうかもしれませんねー」と言われた。

あらら、そうなの。やっぱり薬の効き目って個人で違うから、自分にピッタリの薬を見つけるにはいろいろ試してみるしかないのね。

でも結局同じ漢方を処方してもらうことにした。

次からは薬だけもらうようにしようかなー。

春はお別れの季節です

ダーリンの会社には辞めたいと思っている人がたくさん(というかみんな?)いる。それでも転職先が決まらないことには退職なんて簡単にできるもんでもない。

私みたいに体調を崩したりとか、女性ならば結婚、出産を機に辞める人もいるけど、男性はなかなかそうはいかない。しかも忙しい仕事をしていたら、転職活動もままならないだろう。

しかし3月いっぱいで、私の知っている人が二人辞めるらしい。二人とも随分前(私がまだ働いていた頃)から辞める辞めると言っていたので、なんだかんだ言っても辞めないんじゃないの? なんて思っていた。ところがさっさと転職先を決めてしまっていたらしい。

辞めたがっていたので、一応、おめでとう、なのかな? 転職先も決まっていることだし…。この業界全体、あんまり待遇がいいとは思えないけど、同じ業界に転職なのかなぁ。その辺のことは聞いていないのでわからないんだけど。

私の知り合いだけじゃなく他にも辞める人がいるみたいだから、ダーリンも送別会とか増えるんだろうなぁ。

二人の今回の転職、吉と出るようにお祈りしております。

暗示にかかりやすい彼

朝から『みちのくひとり旅』(by 山本譲二)を歌いながらダーリンを起こした。なぜそんな朝に不似合いな歌を口ずさんだのか自分でも不明。

ダーリンは朝風呂派なので出勤前にシャワーを浴びるのだけど、今朝は無意識に『みちのくひとり旅』を熱唱していた。

風呂上りのダーリンに、熱唱してたでしょ、と突っ込んだら、なんか口ずさんじゃったんだよねーと返事が。この歌で起こされたことはあんまり覚えてないらしい。

じゃあ、ダーリンの寝起きになにか歌えば、シャワーを浴びながらその歌を歌ってくれるのだろうか。今度は『帰ってこいよ』(by 松村和子)でも歌ってみようか。

引っ越し準備中

26180まずは重たいマンガ本から。
業者に頼まず自分たちでやるから、結構大変だー。
ここ数日、キャリア変更について考え中。
ダーリンが使っているdocomoか、
端末がかわいいauか…。
docomoは無料通話分がパケットにも使えて、
余ったら2ヶ月繰越しだし。
auは通話料の割引率が高くてお得だし。
迷うなー。
今の使い方ならエッジが安い気がするけど、
家族割でダーリンの通信料も減らしたい。
これから電卓片手にさらに詳しく検討だー。

校正の通信講座の課題(やっと)終了

前回の課題提出から約2ヶ月。ようやく最後の課題にとりかかった。第6単元の課題がそのまま修了課題である。

正直、興味がなくなっちゃったので、もう修了できなくてもいいやーと思っていた。本来なら2月中旬に課題提出するはずのものだけど、講座を始めるときに必要なお金は全額払ってあるから文句言われることなんてないし。

でももうすぐ引っ越すことだし、通信講座の教材を心地よく捨てるためにやりきっちゃおう! という気に突然なってしまった。しかもテキストの第6単元は1行も読んでいないけど、とりあえず始めちゃえー。てな勢いである。

第6単元では初の横組版が問題に出てきた。英単語が多く使われている原稿だった。一応、テキストには横組版ならではの注意事項とか書いてあると思うのだけど、いちいち読むのは面倒。結局、チラチラ見ることはあったけど、テキストは読むことなく課題を終わらせてしまった。

結構丁寧に見直したりしたつもりなので、好成績を期待したい。

あとは添削結果が返ってくるのを待つだけだけど、期限切れとかで受け付けてもらえなかったら残念だなぁ。連絡すれば3ヶ月間は延長できるとか書いてあったけど、1ヶ月遅れってどうなるのかしら。連絡しておけばよかったかな。

眠いよー

朝からちゃんと起きれるのだけど、15時くらいから眠気に襲われて19時くらいまで眠ってしまい、夜なかなか寝付けない。

というのが3日くらい続いている。

昼間にちゃんと引越しの準備(梱包作業)はちょっとずつやってるけど、一段落すると眠気が襲ってくるのだ。そして本能のままに寝てしまって夜後悔。自業自得か。

ちょっと早いけど

26275今日のお昼はフレッシュネスバーガー。
フィッシュバーガーとハーブティー。
あと10日で引っ越しだー。
早いなー。
梱包作業、こんなにゆっくりでいいのかな。
とりあえず、今日は雑貨の分類作業だ!
がんばるぞ!

本当の私はボンヤリ?

とうとうこの日がやってきました。新居の鍵ゲット日です。ウキウキしながら不動産屋へ向かう二人。そして不動産屋の最寄の駅まで来て、忘れ物がないか最終確認。

ダーリン「平成15年度の源泉徴収票もってきた?」

私「…忘れた…(涙)」

実は契約のときに、間違って平成14年度の源泉徴収票を持っていっていたので、事実上は書類不備の状態だったのだ。だから今日こそ、忘れちゃならん一番重要なブツはダーリンの平成15年度の源泉徴収票…。

それなのに、ああそれなのに。

泣く泣く家に取りに戻りました。

こんな日に限って雨がザーザー降ってるし、真冬並みの気温だし、凹みまくり。ついさっきまでのウキウキしていた私が恥ずかしいわ。

私は、こういう書類関係には念には念を入れて事前チェックを怠らない(ちょっと神経質なくらい)と自負しているので、余計に忘れてしまったことがショック(最初に1年前の源泉徴収票を提出したのはダーリンのせいにしてしまっている)。

それでも鍵をゲットしたら、二人ともウキウキ気分が戻ってきて、とりあえずまだ何もない新居にレッツゴー。部屋の照明器具がまったくないことを再確認してちょっとショックを受けつつも、新しい生活を思い浮かべてしばし幸せ気分を満喫。

そして夜は居酒屋でカンパーイ。禁煙席が用意されていたのですっかりご機嫌の私。

でもちょっと遠い席だったので、店員さんを呼ぶのに一苦労。席を見回しても呼び出しボタンらしいものがなくって、ちょっと不便だなーと思っていた。

それでも散々飲み食いして、そろそろデザートでも食べるー? という気分のときにダーリンが気付いた。

「これ、呼び出しボタンじゃない?」

「あ、ホントだ…」

ファミレスなんかに良くある半円球のボタンではなく、メニュー立てと一体型になった四角いボタンがそこにはあった。ちゃーんと「御用の際はこのボタンを押してください」みたいなことが書いてある。そういえば、不自然な高さになっているメニュー立て。

なんで気付かなかったのかー? と不思議なくらい、当たり前にそこにあった。

「いつもなら、俺が見つけられなくていりこちゃんに突っ込まれるはずなのにね」

と、珍しくダーリンに突っ込まれる私。

うん。我ながらなんで気付かなかったのか不思議でしょうがない。

「今日の私って、なんかボンヤリしてるね」

「大丈夫? 本当は体調が悪いとかなんじゃないの?」

普段がシッカリ者(を演じている?)なだけに、心配されてしまった。いやでも本当に、我ながら今日はボンヤリだなぁ。体調も全然悪くないし、精神的にも落ち着いていたはずなのになー。

まぁ、こういう日もあるか。

やっぱりダーリンの方がボンヤリ?

今日はダーリンが休日出勤の日。しかも、平日よりも2時間早く出勤しなければならない。ということは、いつもより2時間早く起きなければならないということで、それは5時半起きということで…。

数日前からそのことを思い出すたびブルーになっていたダーリン。しかしその日がとうとうやってきた。

前日は「起きれる自信がまったくない」と言っていたダーリンも、なんだかんだとちゃんと起きた。私もつられて早起きして、ちゃんと玄関までお見送り。時間もバッチリ。余裕で出勤だー!

「いってらっしゃい。気をつけてね(ハート)」

「いってきます(ニコ)」

といつもの挨拶をしてダーリンが玄関のドアを開けたときに気が付いた。

「なんでダーリン、スーツ着てるの?」

「…!!!!!!」

そう。休日なので私服で出勤していいはずなのに、なぜかダーリンはスーツをびしっと着込んでいたのだ。

慌てて部屋に戻って私服に着替えるダーリン。余裕で出勤のはずが、結局ギリギリになってしまった。

この場合、ついスーツを着てしまったダーリンがボンヤリさん? それともスーツを着ているところをずーっと見ていたのに気付かなかった私がボンヤリさん?

どっちにしろ、出かけてから気付かなくて良かった。会社で先輩に笑われるとこだったよー。

あ、ここに書いたら意味ないか(でも書く)。

おなかいっぱい

26382今日のお昼はお蕎麦屋さんの親子丼。
奥に写っているのはダーリンが頼んだカツ丼セット。
やっぱり関東の味付けは濃いなー。
それなのにダーリンてばカツ丼にも蕎麦にも七味たっぷり…。
辛いの好きなのはわかるんだけど。

引越しまであと1週間

引越しは今週末。2トントラックをレンタルして自分たちで引越し作業をやる予定。引越し先は今のアパートから10キロ強の距離なので、何回か往復して頑張るぞー。

あと1週間で冷蔵庫に入っている食材を使い切るつもりだし、今日はすんごく寒かったので、買い物にも行かず家でヌクヌク。

今日の荷造りは私の洋服を70リットルのゴミ袋にポイポイ放り込むだけ。コートやジャケットなど、たためないものはとりあえずおいといて、夏服、冬服と2つの袋に分別。分別しながら、もう着ないような服は容赦なく廃棄処分。

ああ、なんて楽しいの。

シワになっても気にしない。どうせダンボールみたいな箱に詰めたところで、どうしてもシワはできるもんね。

明日はダーリンの衣類をゴミ袋に入れるだけ。ダーリンの場合は、引越し日まではスーツしか着ないから、これから1週間の着替えを気にする必要もないのでもっと楽。夏服、冬服の分別も引っ越してから自分でやってもらうから、荷造りの時点ではごっちゃごちゃでもいいんだもんね。

他人(業者)に頼まないから、荷物の見た目を気にしなくてイイのが楽チンだなぁ。

あれ、普通、そういうの気にしないもんなのかな。私だけかな。

突然の訪問者

自分たちで引越しすると決めていたのに、ダンボールの調達にちょっとてこずりぎみ。車がないので調達できても今の部屋に持って帰ることができないからだ。

というわけで、ダーリンのパパに「大小合わせて10個くらい」のダンボールの調達をお願いしていた。

すぐに持ってきてくれる予定だったのだけど、ダーリンのパパもなかなか忙しい身なのでそういうわけにもいかなかったらしい。頼んでから10日経った今夜、やっと持ってきてくれることになった。

とても助かります。

んが、なんと、ダーリンのパパだけでなく、伯母さん(私はまだ会ったことがない)も一緒に来るという。え、なんで???

そんでもう結構近くまで来てるらしい。

やばいよー。私ったらもうすでにお風呂も入ってスッピンでパジャマなんか着ちゃってるんですけど。だってもう22時ですよ。

ととととりあえずスッピンは仕方ないとしてパジャマは着替えよう。部屋に上げなきゃいけないだろうから「引越し準備中」の言い訳ができる程度には片付けよう。お茶はペットボトルの冷たいのでもいいよね、この際。我が家にはジャスミンティーと凍頂烏龍茶くらいしかないし。

アワアワ。アワアワ。

しかし結局、部屋に上げることはなかった。

ダンボールをもらうだけもらって、玄関先で挨拶しただけ。

ダーリンが「部屋に上がってくでしょ?」と聞いてくれたけど、ダーリンパパも伯母さんも「いやいや、すぐに帰るから」と。

まぁ確かに我が家は1DKで玄関から部屋が丸見えなので、とてももてなせる広さじゃないことは一目瞭然なのですが。

でもやっぱり多少は片付けておいてよかった。だって、どっちにしろ玄関から部屋が丸見えなんですもの。

無難に挨拶をこなしてプチ緊張の時間は終了。

ああ、正直、玄関先だけで済めばいいのに…、と思っていたので、助かりました。ダメな嫁です。

引っ越し準備、頑張ってます

26523足の踏み場がなくなってきた我が家のリビング。

新居!

26599新居の掃除にやってきました。
クリーニング済みのはずなのに、土埃だらけ。
それもそのはず、窓からの景色は畑。
でもなんで閉めきってあるはずの部屋の中が
こんなに土だらけになってるんだろう。
ま、このままでは荷物を運び込めないので、
わたし、頑張る。
今日は晴れてよかった。
なんせこの部屋、まだ照明器具がないので、
夜はなんにもできないのよねー。

お留守番

26656引っ越し作業中です。
午前中に二人だけで運べるものを搬出搬入。
家電とか大型家具を運ぶのは、
ダーリンの先輩に手伝ってもらいます。
その間、私は新居で待機係。
照明器具が配送されてくるし、
ガスの開栓は立ち会いが必要だからです。
でもそれも終わっちゃった。
昨日掃除したはずなのに、
なんかまだ部屋がザラザラするかも…。
ダーリンと先輩は時間がかかるだろうから、
もうちょっと掃除しようかなぁ。
写真はベランダからの景色。
茶色いのは畑。
この土が…。

お別れの挨拶

26696搬出後のお掃除中に、にゃーが現れた!
キミともお別れだね。
引っ越し作業までに会えなかったから、
さみしかったんだー。
最後なので部屋に上げました。
何もない部屋中にマーキングしまくるにゃー。
かわいい~ん。

ウキウキ

26793新居の片付けも一段落。
今日はちょっと休憩ってことで、通販雑誌を4冊購入。
新しい家具が欲しい!!
押入用の収納家具と食器棚と(できれば)ソファ。
あぁ~、迷うわ~。
楽し~わ~!

さよなら

26820今日で年契が切れるので解約します。
ダーリンに布教しようとして失敗したJ3002V。
使わないのに2回線持ってても仕方ないしね。
これからまたHV210のみでやっていくですよ。
でもひょっとしたらauに変えるかもね。
まだ未定だけど…。