今年の課題:その場の空気を読む

新居の契約、完了しました。不動産屋さんに初期費用ぜーんぶ払ってホッと一安心。あとは引越し関係と車の手続きだ~~。

で、不動産屋さんの店内で、ふとしたことからちょっとダーリンと口論してしまった。何が原因かというと、私はダーリンの次の休日出勤は土曜だと思っていたのに、ダーリンが日曜だと言い出したからだ。私は「土曜って聞いた」と言い張り、ダーリンは「日曜だと言った」と…。

その場で口論になったとはいえ、一瞬だけの出来事だったし私自身は怒っていたわけではない。腑に落ちない…とは思っていたけど、その場がお店の中だったので「騙されたー」と流したつもりだった。

すでに契約の手続きも終了していてあとはお店を出るだけだったけど、ダーリンがコーヒーを飲んでいたのでもうちょっとゆっくりしよーと思っていたら、ダーリンがそそくさと店を出ようとする。

「もうちょっとゆっくりしたいよ」と言ったけどダーリンが不機嫌そうだったので仕方なくお店を出た。

「なんでそんなに怒ってるのさー」と訴えると、「お店の人がすごく気まずそうにしてたよ。あんな雰囲気で長居できるわけないでしょ」とたしなめられた。

な、なんですと? 私はそんなの全然気付かなかったよ?! 第一なにが気まずいの?

ダーリンが言うには、他人から見たら私たちは険悪な雰囲気を醸し出していたらしい。ダーリンは不機嫌だったのではなく、居心地が悪かっただけなのだ。

しかも最近の私は突っ込みが厳しいらしい。そう指摘されて反省。

もともと私はツッコミ系なので、ダーリンが優しいから調子に乗ってしまっていたのだな。その上、その場の空気も読めなかったなんて恥ずかしい。

できることならお店に戻って「今のは喧嘩じゃないですよ! 私は全然怒ってないし、二人はいつも仲良しラブラブですよ!」と言い訳したいところだけど、そんなことできるわけもなく。

本当にそんな言い訳したところで、余計にアヤシサ倍増だ。

それにしても、場の空気が読めなかったことが恥ずかしい。恥ずかしいよー。これからは気をつけなくちゃー。