ゲームはやるより見るほうが楽しい!

私はゲームに興味がない。ゲームセンターに行っても興味があるのはUFOキャッチャーくらいで、それ以外はあんまり目に入ってこない。

それは子供の頃にゲーム機を買ってもらえなかったからと思っていたのだけど、良く考えたら買ってもらえなかったのはテレビにつなぐタイプのファミコンとかであって、ゲームウォッチは持っていた気がする。アラレちゃんのゲームをずっとやっていたことは覚えている。

それなのに、テレビの前でコントローラーをポチポチやるだけのゲームにはまったくもって興味がない。最近はDDRとか太鼓の達人とか体を使うゲームもあるけど、そういうのはなんだか楽しそうだなぁと思う。特に気になっているのはダイエットができるとかいうやつ。食べたものを入力したら、その摂取カロリーにあわせた運動ができるんだそう。あれはなんだか続けられそう。

最近はダーリンがドラクエを買ったので、野球中継を見ながら夕飯を食べて、野球中継が終わったらドラクエをやる、というのが日課になりつつある。私はダーリンがやっているドラクエを隣で見るだけ。最初はちょっと歩いたら敵が出てきて、それを倒してレベルを上げていく、の繰り返しじゃーん、と文句をたれていたのだけど、最近はなんだか楽しくなってきた。

私はゲームに関しては基本的に何も知らないので、いろいろダーリンに質問したりするんだけど、うるさがらずに答えてくれる。それがいいのかもしれない。ずっと見てると話もちょっとずつ進んでいくのでアニメを見てる感覚になってきた。

ここで自分でやればもっと楽しいに違いない、と思わ「ない」のが私である。見てるだけが楽しい。そんで「『ステテコを手に入れた!』だって! おっかし~い」とか横にいるダーリンにいちいち言うのが楽しい。

だって、自分でやっても話が進まないんだもん。どうやれば主人公が歩き出すのか、から覚えないといけないと思うともうめんどくさい。きっと私もゲームをやるのが好きだったら、プレー中のダーリンに向かって「ああすればいいのに、こうすればいいのに」なんて口を出しそうな気もする。

だからこれからも私はダーリンのゲームを横で見るだけ。でもこれが楽しいからいいのだ。