出産ドキュメント

7月21日の朝6時くらいから、10分間隔でおなかがズキズキ痛み出した。これがウワサの陣痛かー! と期待に胸を膨らませておトイレに行ったらやっぱり出血もしてる。これがおしるしというヤツ!? とこれまたウキウキ。早速、隣で寝ている母を起こして報告すると、もうしばらく間隔を測ってみようということになり、いつもどおりに朝食とったり身支度整えたり。

そうこうしているうちに陣痛は5分間隔になってきた。病院に連絡して9時に入院。できれば立ち会い出産希望なので、同時にダーリンにも連絡した。

ダーリンはいったん出社して休暇の申請と簡単な引継ぎをこなして夕方の飛行機をゲット。夜の8時くらいには病院に来れることになった。一方私はというと、陣痛がいまいち弱いせいか、入院した時点で3センチ開いていた子宮口が、夕方になっても4センチくらいにしかなっていなかった。

そこで、とりあえず陣痛室に移動して、赤ちゃんを包んでいる卵膜に穴を開けて人工的に破水させることに。いったん破水したら陣痛が進んで一気にお産ムード。痛いとか言ってる場合じゃない感じ。そろそろ「ヒッヒッフー」をやるところだけど、なかなかそのタイミングがわからないので、結局、鼻で吸って口で吐く、という呼吸法でいきみを逃がすことに。

それでもやっぱりいきんじゃってるような気がして不安な私。そんなところにタイミングよくダーリン到着! 陣痛室で「いりこちゃん、頑張れ!」と手をぎゅっと握ってくれていた。もちろん感動の再会を喜ぶ余裕なんてないので、私はダーリンの手をギリギリと握って「うんうん」とうなずくだけ。

しばらくするとダーリンは退室させられて、陣痛室の外で私の両親と妹と一緒に待機。これからは思いっきりいきんでいい頃合らしい。助産師さんが「赤ちゃんの髪の毛が見えてきてますよ。もうしっかり生えてるみたいですね」と教えてくれた。

今までいきみを逃がしていたので、急にいきんでいいと言われてどうしたらいいのか混乱してしまった。赤ちゃんが出てきている、というよりは、特大のうん○が出てきそうな感覚。思わず「うん○する感覚でいきんじゃっていいんですよね?!」と助産師さんに聞いちゃった。しかも何回も。

そしていよいよ分娩台へ。あとはもう赤ちゃんが出てくるまでひたすらいきむだけ。コンニャロー、コンニャローと踏ん張っていると、いつの間にかダーリンが枕元に立っていて、私を励ましてくれている。ってことはもう赤ちゃんは出てくるのねー! もうひとふんばり~! ニョロニョロ~~~~~!

うわー! でたよー! チョーすっきり~~!

私からは赤ちゃんは見えないけど、すぐに産声を上げたのでそれを聞いてほっと一安心。ダーリンが私の顔を両手で包んで、「よく頑張ったね」と覗き込んだ。そのとき私はなんて言ったか覚えてないけど、ウルウルしつつも涙は出なかったことは覚えている。

というわけで、7月21日夜8時28分、3174gの女の子を無事出産しました。

この病院では出産後すぐに赤ちゃんと一緒に記念撮影をするらしい。キレイに洗われた赤ちゃんを胸に抱っこさせてもらって、下半身丸出しのままダーリンと一緒にカメラ目線。撮影してるときはよくわかってなかったけど、現像された写真を見たら、上半身はかわいいパジャマ姿なのに太ももが思いっきり写ってやんの。ま、これも記念ということで…。

今回の出産はいろいろとタイミングが良くてほんとにラッキーだった。朝から入院してしかも陣痛の進み具合が遅かったから、ダーリンは夕方の飛行機で立ち会うことができたし、数日前にスロットで臨時収入が結構あったから飛行機代も気にならなかったらしい。ダーリンの会社では出産用の休暇が3日間もらえるのでそのまま週末までお休み。入院中は病室で寝泊りしてくれてずっと一緒にいられたので、すっごく心強かった。

またしばらくは離ればなれの生活が続くけど、小さい家族も増えたことだし、ますます幸せに生きていくぞー。

おっぱいマッサージ

本来なら入院中にやってもらうはずだったんだけど、私のおっぱいが張っていたので退院してから一週間後の8月2日にやってもらうことになった「おっぱいマッサージ」。上半身裸でベッドに仰向けになって助産師さんにマッサージしてもらうのだ。

マッサージというか、溜まった母乳を絞り出すといった感じで、そりゃもう痛い痛い。でも凝った部分が揉みほぐされている感じがして、これはこれでアリかも。さらに溜まった母乳もジャンジャン出ているみたい。顔にガーゼをかけられているので見えないんだけどね。

マッサージしてもらっている間に、いろいろと不安なことなんかを相談したりして精神的にもかなりラクになった。そのときに言われたんだけど、私のおっぱいは筋肉質らしい。授乳の時期が終わっても、垂れたりせずに妊娠前の状態に戻りやすいんだって。わーい、やったね。

そしてマッサージ終了後、今まで張り気味で硬かった私のおっぱいがふわんふわんに! 残っていた母乳をしっかり絞るとこんなにも劇的に柔らかくなるのねー。まるでエステにでも行ったみたいに気持ちいい~。

またこれから張ったりするけど、あと2週間もすればおっぱいはいい感じに落ち着くようになるらしい。柔らかいまま母乳が出てくるようになれば理想的なんだって。

マッサージをしてもらって以来、あの柔らかいおっぱいが忘れられずに授乳後に一生懸命搾乳してるけど、結局あの状態にはならないまま…。もっと時間をかけていっぱい絞ればいいんだろうけど、その前に腕が疲れちゃってギブアップ。また硬いおっぱいに戻っちゃった。

しかしこのままではツライ! 横向きに寝るとなんだかおっぱいが重いし痛い。

というわけで一念発起して自己流マッサージをやってみることに。といっても、乳房の硬くなっているところを外側から内側に向かってギュッギュッと押すだけ。そして搾乳。これを何回か繰り返してみた。

思い立ったのが深夜の授乳後だったけど、眠気もなかったので30分くらい一心不乱に揉んだ結果、ちょっとだけ柔らかくなったような、なってないような…? まーでも今夜はこれくらいにしといてやるか。寝ておかないといけないしね。と、適当なところで切り上げて就寝(3時間後にまた授乳…)。

そして翌朝、8時と9時の連続授乳を終えておっぱいを触ってみると、なんだか軽い(気がする)! 劇的ではないけどそれなりに柔らかくなってる(気がする)! これがマッサージの効果? それとも頻回授乳の効果かしら?

どっちにしても気分がいいので、しばらくマッサージを続けてみようっと。そして目指すはふわんふわんでジャンジャン母乳の出るおっぱいだー。

母乳育児をやるならば…

040805_1233~001ケーキは我慢しなさいと病院で言われたけど、目の前に出されると我慢できないのが女心というものです。
母の友人からのお見舞いなのです。
食べちゃダメってことではなくて、糖分を取りすぎなければいいのよね!
これを食べたら、しばらく甘いものは控えますから!
いっただっきま~す♪

またしても

040806_1221~001だから目の前にあると我慢できないんだって。
余ってるのです。
でもこれで最後。
糖分、動物性脂肪などなど、おっぱいによくないんだろうけど、取りすぎなきゃいいんだよね!
あんまり神経質にやってても精神が持たないので、適当にやるさ。
毎日の食事は野菜や魚を中心に、母が作ってくれてるので、きっと大丈夫さー。
ベビーも良く飲んでくれるし、良く寝てるしね!

食後のデザート♪

040806_2004~001お中元でいただきました。
新十津川メロン(とかいう名前だったかな?)
よく熟れてておいしいナリ。
食べ物ネタばっかりだなー。
でも仕方ない。
授乳と食事で一日が終わるんですもの。
授乳中の写真をアップするわけにいかないしね!

チョーグッスリ

040807_1311~001入院中はきっちり3時間おきに授乳だったので、最近まで大体そのスケジュールに合わせて授乳してました。
でもこれからは「泣いたら授乳」方式に切り替えることにします!
と決めたら、授乳間隔めちゃめちゃに。
午前中は1時間おきに泣いてたのに、今は3時間くらい寝っぱなしで起きません。きっと午前中は1回ごとのおっぱいが足りなかったのでしょう。
それにしても、そろそろ泣いてくれないと、ママのおっぱいはだんだん張ってきて硬くなっちゃうよー。
写真は、タオルケットを掛けてあげても、すぐに足で蹴って脱いじゃうくせに、なかなか起きないマイベビー。

ハナのお掃除

最近、授乳中にムスメがやたらゼーゼー言うなと思っていたら、右の鼻の穴にゲル状の鼻クソが見えていた。

そういえば最近は泣くときに涙がにじむようになったし、目やにも出てきた。そのうち耳クソも出てくるようになるに違いない。こうやってあらゆる穴からあらゆる汁が分泌されて汚れていくのね。

新米ママとしての感動はさておき、今、目の前にある鼻クソを取ってあげなくては! と、ベビー用綿棒でチョチョイといじってみた。すると鼻クソのはしっこが付いてきたので、そのままクルクルと巻き上げると、鼻クソが綿棒に巻き付いてきて、サザエみたいにスルスルッとキレイに取れるではないですか!

き、気持ちいい~! 鼻の通りも良くなって、ムスメも気持ちいいに違いない! ベビー用綿棒に螺旋状に絡みつくムスメのゲル状鼻クソ。う~ん、美しい。

それ以来、鼻が詰まってないかどうか一日に何回もチェックしてしまう。あの快感をもう一度。

そしてそのチャンスはすぐに訪れた。今度は左の鼻の穴の奥の方に鼻クソが壁を作っているのだ。しかし今回はちょっと躊躇する私。なんといっても奥の方にあるので、綿棒でかき出す自信がない。

「ムスメの鼻クソ取りたいんだけど、奥にあるから取れないんだよねー」と母に見せてみたら、「あらら、これは取りたいねぇ。どら、ちょっと貸して」と何の躊躇もなく綿棒を鼻に突っ込まれた。そしてコリコリと鼻の穴の中をいじくる母。私はヒヤヒヤしながら見守るだけ。

小物がポロポロ出てきたなーと思っていたら、ツルンと大物が取れた。おぉ~、これまた快感! 母と二人で「気持ちいいねぇ~!」とムスメに話しかける。気持ちいいのはムスメではなく私たちなんだけどね。

そしてやっぱり一日に何回もチェックする日々。なぜか毎回、右の鼻はゲル状で、左の鼻は固まっている。不思議だ。ゲル状のヤツは取りやすいけど、固まりは取りにくい。今日は綿棒でさらに奥に押し込んでしまって困った。…そのままにしちゃってるけど、きっとそのうちまた出てくるでしょう。

あぁ、早く立派な鼻クソ出てこないかなー。ある程度ためないと取る楽しみ半減だから、しばらく我慢しなくちゃあ。

子育ては忍耐よね。

幼なじみ一家がやってきた

040808_1800~001幼なじみがムスメの顔を見に来てくれました。
しかも一家5人総出で。
今まで親戚とか母の友人とかお見舞いに来てくれた人はたくさんいたけど、私自身の友人が来てくれたのは初めて。
嬉しいもんですなー。
子供3人は大変そうだけど(奥さんが)、幸せ家族って感じでいいなー。
帰り際に4歳の長男くんが小さい声で「僕のお名前忘れないでね」と…。
か、かわいい~!
本当にアンタの子なのかよ!
写真はお祝いでもらったベビー服。
着々と増えてますよー。

突然の来客

040809_1321~001今日は高専時代の友人が来てくれました!
なんと彼女も7月18日に3人目を出産したばかり。
なのに上2人の子供を連れてムスメの顔を見に来てくれました!
突然だったのでビックリよー。
産後1ヶ月経ってないし、まさか来るとは思わないじゃない。
赤ちゃんはお盆休み中のパパにお任せして、「2時間だけ!」と言って出てきたんだって。
朝からずっとグズっていたムスメも、友人にだっこされたらスヤスヤ眠っちゃったよ。
さすがベテランママ。
親戚から大量にもらったシュークリームをお土産に持たせました。
一緒におっぱい詰まらせちゃおうぜ!
なんちゃって。

左耳だけが…

040810_1257~001どうやらムスメは私と同じジュル耳(これって全国共通なのかな?)みたいです。
左耳だけ汚れています。
左側を向いて寝ることが多いからかな?
気づいたら耳たぶまで黄色くなっちゃってます。
耳の後ろから刺激すると耳に水が入っているようなチュクチュクという音がします。
吐いたおっぱいが耳に入っちゃったかなー?
なんかブツブツもできてて心配です。
右耳はキレイなので、左だけ水分が入っちゃったんだろうなー。

初めての耳鼻科

040811_2249~001ちょっと調べてみたところ、どうやらムスメは外耳道炎みたい?
というわけで耳鼻科を受診してみることに。
「中耳炎ぽい」「鼻風邪からなってるのかも」と言われました。
中耳炎!?鼻風邪!?
でも全然痛がらないし、鼻クソは詰まってるけど鼻水は出てないッスよ?
まぁ医師の言うことだし黙って聞いとこう。
私にとっては外耳道炎だろうが中耳炎だろうが、治してくれるならどっちでもいいのです。
左耳を消毒してもらって、耳を洗浄する点耳薬を処方してもらいました。
鼻が詰まってると言ったせいなのか、生理食塩水を鼻に噴射して吸い出すように指導されました。
水に溶かすだけの粉(食塩と重曹)も処方されて、鼻水を吸い出す器具も薬局で買いました。
耳洗浄はなんなくこなしたけど、鼻に生理食塩水噴射したところで鼻水なんて吸えないよー。
綿棒で拭いとくか、とコチョコチョやったら、立派な鼻クソが取れました。
あー、スッキリしたね!
あとは耳だれが治まって、湿疹もなくなれば言うことなしだね。
ママのお仕事増えちゃったけど頑張るさー。

たくさんのお客様

040812_1509~001今日は3組のお客様が来ました。
うち2組はほぼ同時刻。
最初はぐっすり寝てたムスメですが、おなかが空いたらしくグズりだしたので、公開授乳となりました。
まだおっぱいをうまく隠して授乳できないので、どうどうと丸出し。
女の人ばかりだし、みんな親戚だから平気だもんね。
満足したムスメはその後、寝付くことなくご機嫌で、お客様に笑顔のサービス。
めでたしめでたし。
写真は従姉妹にもらった下着とタオルのセット。
タオル地のぬいぐるみが入ってるのかと思ったら、タオルでクマの形を作ってあるだけで、ほどくとただのタオルなんだよー。
凝ってるなー。

グズグズうとうと

ムスメがグズッても、私はまだ何を要求されているのかわかりません。
さっきおっぱいあげたばっかりなのになー、というときはとりあえずだっこ。
写真は私に体を預けてうっかり寝そうになってるムスメ。
このあと横にしたらまた起きちゃった。

睡蓮

きれいに咲いたのでパチリ!
私のカメラの腕も上がってきたかな?

新米じいちゃんの憂鬱

私がお風呂に入っている間は父がムスメを見てくれている。大体授乳後のご機嫌な時か寝ている時を見計らって入浴するようにしているけど、私がお風呂から上がるころにはグズッていることが多い。

だっこすると一応寝るけど、いざ寝かせるとグズグズする、ということを繰り返すらしい。妹は「お姉ちゃんがいないことがわかるのかな。ママって認識されてるんだよね。それって嬉しいよね」と余裕のコメント。しかし父は違う。

「だっこの仕方が違うんやろうか…」

どっちが新米ママやねん。

私だって、おっぱいあげようとしてる時に、乳首を含んだ途端にペッと吐き出されてイヤイヤされたり、背中反らしてイヤイヤされたり、足で蹴られてイヤイヤされたり、結構悲しい瞬間が多いのだ。

父に対して慰めの言葉をかけつつ、自分で自分を励ます私。大丈夫大丈夫。私は結構頑張ってる。完璧とは言わないまでも、まあまあうまくやってるはず。

寝付きが悪かったり、なかなか泣きやまないときがあったりもするけど、ムスメの体重は順調に増えてるし、泣き声も大きくなってきたし、蹴ってくる足の力も強くなった。日々成長していると思えることのほうに注目して、イライラする気持ちを切り替えてやっていこう。

最初は恐る恐るだっこしていた父も、今ではずいぶん落ち着いてだっこができるようになったので、私と一緒に家族みんなが育児の腕を上げているんじゃないかな。ママも新米だけど、じいちゃんばあちゃんも新米だ。ムスメと一緒にみんなで成長するのさ。

ほーらやっぱりね

夕食の準備をしてさぁ食べるぞ!というときに、今まで寝ていたムスメがグズり出した。
おなかいっぱいで寝てたはずなのになー。
お気に入りのたてだっこでも寝付きません。
写真は私の太股に放り出されたムスメ。
このあととりあえずおっぱいあげてみたけど、食いつき悪いよ。
てゆうか乳首含むと寝ちゃうのね。
どこの赤ちゃんも、新生児のうちはこうなんでしょ?

待ち遠しい

今週末はダーリンが実家にやってくる。

「もうすぐパパが来るよー。楽しみだねぇ」とムスメに話しかけると、「ママがね」と母に突っ込まれる。今週に入ってから毎日のように繰り返されるやりとり。

入院中、病室に寝泊まりしてくれていたダーリンが帰ってしまった後、急に心細くなって病室でメソメソ泣いてしまった。そこをうっかり母に見つかってしまったのだ。

「おうちでみんなと一緒にのびのびしよると思っとったけど、やっぱい寂しかったとねぇ…」

そう言った母もまた寂しそうだった。「ダーリンはもうあんたにとって家族なんやね」

そうだね。そうかもしれない。今まで「娘」だった私は、ダーリンの「妻」になり、ムスメの「母」になった。あんまり意識してなかったけど、戸籍上だけでなく本当の意味で、今までの家族から抜け出したのかもしれない。

こうやってじわじわと変わっていくのかな。

初おしゃぶり

間違ってワンサイズ上のやつを買っちゃいました。
2・3ヶ月~だって。
でもいいか!
ちゃんとくわえてモグモグしてるもんね。
なんかジェイソンみたいだなー。

お出迎え

ダーリンを迎えに長崎空港にやってきました。
写真は母にだっこされて熟睡中のムスメ。
ダーリンには私とムスメは家で待ってると言ってあるので、きっと喜ぶよー。
飛行機は35分遅れです。
空港で待ちぼうけくらってます。
待ってる時間って長く感じるよね。
熟睡してるムスメには関係ないか!

デート

ムスメを母に預けてダーリンと二人で外食しました。
自宅に戻ったら、こういうことはめったに出来なくなるもんね。
ファミレスでステーキ食べました。
チョー満足です。

1ヶ月

1ヶ月健診に行ってきました。
母子ともに順調。問題なしです。
おっぱい十分足りてるって。
良かった良かった。
写真は病院からもらった出産祝い。
有田焼のお皿です。
コウノトリが赤ちゃんを運んでくる絵が描いてあります。
名前と誕生日が書いてあって、お部屋の時計は出産した時間を指しています。

お宮参り?

お宮参りの代わりにお寺に行きました。
住職さんにお経を唱えてもらうのです。
日晴れのお祝い用のお経なのかな?
めっちゃ早口ですよ。
ムスメは終始ゴキゲンで、目を見開いてもぞもぞするだけ。
途中、うんちしたりおならしたりしてたけど…。
写真はお寺でもらったお守り。

天花粉祭り

我が家のムスメは1ヶ月経過して、オムツかぶれやあせもが気になるお年頃。病院で何にも言われなかったので何のケアもしてなかったけど、最近オマタのあたりが赤くなってきたので、母が「天花粉をした方がいいんじゃないか」と言い出した。

やっぱりそういうのした方がいいのかなーなんて迷っていたら、週末、実家に来ていたダーリンにも言われたので、とりあえずシッカロールを購入。オムツを替えるたびにパフパフやることになった。

そして首の周りもあせもみたいな湿疹ができている。顔中、乳児湿疹だらけなので、首のあたりも乳児湿疹なのかあせもなのか区別はつかないのだけど、ここにもシッカロールやっちゃうか? とパフパフやろうとしたら、母が

「天花粉祭りだ。ワッショイワッショイ!」

と言い出した。

ええっ! まさか2ちゃんねらーですか?

ネットについての知識がほとんどないはずなのでそんなわけはないのだけど、面白くてケラケラ笑ってしまった。

早速電話でダーリンにも話して聞かせたら、ダーリンも「なんで(2ちゃんねるを)知ってるの?」とウケまくり。

もちろん母は2ちゃんねらーなわけではなく、単純に仲間内でのおしゃべりでたまに使う表現らしい。

そしてそれ以来、シッカロールをパフパフするたびに、「天花粉祭りだ。ワッショイワッショイ!」と言いながらやっていることは言うまでもない。

ひよちゃんとムスメ

妊娠中に通販で購入したひよちゃんと記念撮影。
今の今まで買ったこと忘れて、段ボールにしまったままにしてました。
気に入る、入らない以前の状態ですね。