校正のお勉強、第2回目の課題

校正の通信教育の第2回目の課題にとりかかった。もう2ヶ月かぁ、早いなぁ。

前回の第1単元は95点とかなり好成績だったので調子に乗っているいりこ姉さん。今回もチャチャッとやり遂げるさ!

第2単元は正しい仮名遣いや送り仮名などなど…。なんか微妙に難しい。「幼ない」と「幼い」はどちらが正しいか、なんて、いざ並べられると迷ってしまう。まぁ、冷静に考えればわかるのだけど…。でもやっぱ迷うでしょ?!

それよりもわからなかったのは漢字の読み。読めないままで放置していた漢字の多いこと多いこと。漢字って、正しく読めなくても意味がなんとなくわかるので、黙読するぶんには読めなくっても困らないのよね。

月に1回提出する普通の提出課題は、テキストや辞書などを参照しながらやっていいのだけど、今回、これとは別に実力テストみたいなものがついていた。別料金になっていて、やりたくないならやらないでいいものらしい。しかもテキストとか辞書を参照しないで解かなければいけない。

なんかめんどくさそうなので受けるのはやめようと思ったのだけど、好奇心に負けてしまいやってみた。

てゆうかねー、全くできませんでした。

「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」の使い分けや、送り仮名には自信があったけど、漢字の読みはちんぷんかんぷん。わからなすぎてむしろ楽しいくらい。どれくらいわからなかったかというと、ココに例として1つも挙げられないくらい。

あんな漢字初めて見ました。

漢字の読み以外はなんとか埋めたけど、漢字の読みは白紙状態。恥ずかしいので(部屋には一人しかいないのに)、解いてすぐに封をして送ってしまった。そういうわけで、今、改めて調べることはできないけど、模範解答が送られてきたらちょっとだけココで発表するです。

とほー。