校正のお勉強 継続中?

ここのところすっかりご無沙汰だった校正の通信講座。正直もう飽きちゃったのである。つまんなくなっちゃった。

一番の理由は「めんどくさい」。もともと間違い探し(というかアラ探し?)をするのは大好きなので、私にはうってつけだと思っていたこの校正という作業。実は誤字脱字を探すだけではないのだ。文字の大きさ(ポイントとか級数とか呼ばれる)や行間、字間の幅などもチェックしないといけないのだ。

もちろん最近はコンピュータで処理されるから、そういうのはあんまり気にする必要はないと思うのだけど、課題となるとそうもいかない。本物の「活字」印刷された文章が出てくるのだ。

1ページの行数を数えたり、1行の文字数を数えたり、タイトル文字のレイアウトを気にしたりしないといけない、というのがたまらなくめんどくさい。そこに文章があるのだから、すぐにでも読み始めたいのに、そういうわけにはいかないのだ。

それと、課題に出てくる文章がもう本当にメチャメチャなのだ。ありえないくらいに。もちろん校正の課題なんだから、しっかり校正されてて完璧な文章が課題として出てくるということのほうがもっとありえない状況だろうが、それにしてもひどい。かえってやる気が失せるというものだ。

そんなこんなでしばらく放っておいたのだけど、ふと気付くと実際には半分しか終わっていない。これはちょっともったいない。せっかくここでこうやって校正の勉強をしていることを公表しているのだから、最後までやってみようかなぁと思い直すことにした。

そういうわけで、前回の課題提出から約2ヶ月にして、やっと次の課題(第4単元)にとりかかった。

それでもめんどくさい感があるので、今回は点数が多少低くなってもいいから、誤字脱字だけチェックすることにした。それ以外のことは知らんバイ。気付かんかったもんね、へへーんだ。と、開き直ると案外するすると終わってしまったではないか。

あと半分、この調子でゆるーくやっていくことに決定。

ついでにその次の第5単元の課題もやってしまって、一緒に提出してしまおうっと。