ドキドキ新居選び

私は今は無職だけど、もともとは体調を崩して会社を辞めたので、健保から「傷病手当金」をもらっている。というわけで、まったくの無収入ではなかった。しかし2月に受給期間が終了するので、これからは本当に無収入。

現在の二人の住まいは1DKで、二人だけで住むには別に不便じゃないけど、都心なのでやっぱりちょっと家賃がお高い(共益費込みで8万円也)。私の収入もなくなることだし、もっと広くて家賃が安いところに住みたいよね、ということで、新居を探すことになりました。

二人の希望は2K以上の間取りで、共益費、駐車場料込みで今の家賃より安く抑えたい。あんまりボロ屋はいやだなぁ。

2週間くらい前に不動産屋さんに行ってそれなりの希望を伝えて探してもらったけど、やっぱり大幅に予算ダウンでボロ屋(和式トイレに砂壁とか…)か、ちょっと予算オーバーできれいなところ、のどっちかって感じ。

ちょっと即決は出来ないので、しばらく様子を見るってことで不動産屋さんにお任せすることに。

そして今日こそは決めちゃうかーってな勢いで、再び不動産屋さんにアタック。

前回よりは二人の希望が具体的になってきていたので、それを伝えてさらに検討。不動産屋さんも結構頑張ってピックアップしていてくれたらしく、すぐに3件に絞ってさっそく見学にレッツゴー。

その結果、2件目で即決。3件目は見ることなく却下になりました。

なぜかというと、不動産屋さんもビックリの格安で新しめの物件だったから。2DKで1部屋はフローリング。給湯で風呂トイレ別。洋式トイレ。洗面台もあるし洗濯機も室内に置ける。それぞれの部屋もダイニングも全部6畳とかなり広め。日当たり良好。角部屋。敷地内に駐車場あり。平成3年築。外装もなんかおしゃれな感じ。

共益費、駐車場料込みで7万1千円也。

駅から遠いから安いらしいんだけど、不動産屋さんが言うには、それにしても安すぎで、正直、大家さんは儲けが出てるのかな? と余計な心配しちゃうくらいらしい。

まぁ、駅から遠いので車がないと結構不便。それでも徒歩3分と5分のところにバス停があるので、それぞれのバス停から合計5つの駅に行けるという、駅から遠い物件ならではの利点もある。

2週間前には昭和の香りプンプンの古い物件ばっかり見て回ったので、予算の都合上ある程度の古さは覚悟していた二人。でもこの物件はあまりにも予想以上の新しさだったので、もう私ったら大はしゃぎ。ここまではしゃいじゃったら決めないわけないでしょうってなくらいはしゃいじゃった。

あまりにも簡単に決まっちゃったのでかえって大丈夫かなぁ? なんて思っちゃうほど。

新居決めたはいいけど、今度は引越しやら車の購入やら各種手続きなんかで3月は忙しくなりそう。

でもとっても楽しみ!