通信教育の校正講座、今度こそホントに修了

2泊3日の蔵王温泉旅行から帰ってきたら、郵便受けに不在通知が。校正講座からだって。おお~、終末試験の結果が返ってきたのね。

すぐに連絡して再配達してもらうと、届いたのは卒業証書を入れるあの筒。おお。合格か。修了証書が入ってるのね、きっと。

その筒の中には修了証書だけでなく、報告課題の添削結果やら修了者への就職の案内やら上級コースの案内やらまとめて入ってるのでなかなか取り出しにくかった。

結果は78点。平均点は76.5点だから私ってホントに可もなく不可もなくって感じ。今までの結果をすべて並べてみてもどれも平均点よりちょっと上、くらい。まぁ、こんなもんでしょ。特に最後の方なんてテキストもワークブック(練習課題)もすっ飛ばしてやったんだから上出来かもしれない。

さて、気になるのは就職のこと。できれば在宅でお仕事がもらえるといいのにな。その辺どうなってるのかしら。

どうやら、「個人情報表」というのを提出しておけば、求人の資料がもらえるらしい。特にお金がかかるわけではなさそうなので、とりあえず提出しておくかなぁ。でも、基本的にはあんまり期待しない方がいいみたい。自分で探して就職する人のほうが圧倒的に多いらしい。

上級コース? そんなもん受けるはずもなく。どうせ途中で飽きるに決まってる。半年で44,200円と聞くと安い気もするけど、ダーリンの扶養に入ってしまった私には、飽きるとわかってることにお金を使う気になりません。

これで校正講座の話を書くことはなくなるだろうから、これまでの流れがわかるように以下にまとめてみました。私は最初はやる気があったのだ。