楽な生活スタイル

実家に帰ってきてから毎日規則正しい生活を送っている。これが結構快適で気分がいい。

一人暮らしのころは当然のように不規則な生活をしていて、それはそれで快適だった。その日その日で自分の体調や気分は違うし、残業が続けばいやでも不規則な生活になってしまう。規則正しい生活を送るためには結構な労力がいるのでそれがストレスになったりする。

ダーリンと二人で暮らすようになっても、やっぱり生活は不規則なまま。正確には準規則的(今作った言葉)? 朝はダーリンの出勤時間に合わせて起きるので毎日同じだけど、夕飯はダーリンの帰ってくる時間に合わせて食べることになるので、日によって遅くなったりする。休日にはいつまでもダラダラと二人して寝てしまうので余計にわけがわからない感じ。

だから今となっては、規則正しい生活でない方が私には合っているのではないだろうかと思っていた。里帰りする前には、実家で規則正しい生活を送ってストレスにならないかなーなんて罰当たりなことも考えていた。

でもそれは単なる勘違いだったみたい。生活スタイルによって、人間が感じるストレスって変わるものなんだ。

実家では母が自営業だから常に家にいるし、父の仕事は残業がない。そして、母の仕事は平日が休みなので、家族全員が休日という日は月に一回しかない。

こういう状況では、平日休日関係なく毎日同じリズムで生活する方が楽だ。自然と規則正しい生活になる。ストレスに感じることもない。ああ~、人間ってよくできてるなぁ。環境に適応するようにちゃんとできてるんだぁ。

困ることといえば、ただいま単身赴任状態になってしまっているダーリンとの共通の時間がなかなか取れないこと。私は夜10時には「後は寝るだけ」ってくらい準備万端でダーリンからの電話待ち状態でも、ダーリンはまだ仕事中ってこともあるのだ。逆に、早く帰ってきてたのに部屋でダウンしちゃってて連絡つかないこともある。

逐一ダーリンに「何してるの? 今どこにいるの?」とチェック入れるのもなんかやだし、でも、私だけが待ち状態になっているのもやだなぁ。こういう感じで遠距離恋愛って壊れていくのかしら。まあ、今はただの里帰りであって、遠距離恋愛じゃないのでその心配はしてないけど。

今夜もダーリンの所在不明なので、こっちから電話してみるかぁ。