中学時代のクラスメート、といえば…

中学三年生のときのクラスメートから電話がかかってきた。結構仲は良かったけど、卒業以来連絡を取っていなかった。

そういう友達は要注意。というのが今の世間の常識になっている。

実はゴールデンウイークのころにもかかってきていて、そのときは母が出て「6月に帰ってくる予定がある」とだけ伝えていたらしい。そういうわけで、私がいるころを見計らって再度かかってきたというわけ。

実は今朝、中学時代の友達が大勢出てくる夢を見ていた。電話をかけてきた友達ももちろん出てきていて、いろいろ思い出したりしていたところだった。だから電話がかかってきたのにびっくりして嬉しくなってつい出てしまったのだ。

と、こんな風に書いたらなんか嫌な目にあったのかって感じだけど、実際の内容は「同窓会のお誘い」だった。

ひょっこり卒業文集なんかが出てきて懐かしくなったらしい。誰も幹事なんてやりたがらないから今まで同窓会なんてやったことない。でも20代最後の年だし、いっちょやったるか! という気分になって、地元に残っている子達と連絡を取って、ちょっとずつ計画しているそうだ。

とはいえやっぱり中学の同級生という立場は怪しまれるらしく、なかなかみんなの現在の連絡先は教えてもらえないそうだ。それでもちょこちょこと参加希望の人数は増えているらしい。今のところ、今度のお正月あたりを計画しているということで、私も「前向きに検討する」ってな返事をした。

久しぶりで懐かしいし、お互いの近況なんか話してたらあっという間に時間が経っちゃった。すっごく楽しい気分だったんだけど、

「ところで話変わるけど、もうすぐ参院選があるじゃない? 知ってる?」

と言われて正直ガックリ。ああ、だから、同窓会の幹事なんて面倒なことやる気になったのか…、とものすごく納得した瞬間だった。

まあ、ネットワークビジネスよりはましかな、なんて思いながら、とりあえず愛想良く話を聞いて適当に流した。その時間以外は楽しいおしゃべりだったんだけどなー。

本当に同窓会をやるのかどうかもちょっと疑わしくなってきたけど、もしあるなら行きたいな。

頼みますよ、幹事さん。